不動産取引業の免許更新時期になりました

平成24年7月に「宅地建物取引業免許証」を新規取得してから

3回目の更新手続きの期限が迫ってきたので、

今から必要書類を揃えて大阪府庁の咲州庁舎に持っていき申請、

書類に不備がなく受理されれば晴れて更新が手続きが完了します。

この取引は宅建免許が無ければできません。

  • 不動産の売買仲介、賃貸仲介
  • 不特定多数にに反復継続して不動産売買

宅建免許が不要なケースもあります。

  • 自身の所有する物件の売却
  • 自身の所有する不動産の賃貸借(大家さん)

不動産取引を業とする会社には必須の免許ですね。

宅建免許申請から取得について詳しくは

当社も加盟しています大阪宅地建物取引業協会の

開業までの流れで詳しく知ることができます。

新規取得・更新どちらも必要書類や手続きは同じです。

宅建免許新規・更新申請に関わる専門家や行政機関

  • 市役所(法人の場合 役員、個人事業主の場合 代表者が身分証明書取得)
  • 法務局(法人の場合 役員、個人事業主の場合 代表者が後見登記されてないことの証明書)
  • 行政書士事務所(免許申請手数料4万円~6万円(税別))                                                 

 費用の節約と後学のため行政書生先生に頼まず、自分でしてみることもおすすめです。

 当社は毎回そうしてます(笑)

 宅建業者免許証申請